トップ

梅雨のアトピーを改善

梅雨にアトピーは悪化する?

ヒスタミンの増加により痒くなる梅雨

梅雨の時期にアトピーが悪化しやすい理由
アトピーの症状に悩まされている人は多いでしょう。梅雨の季節は特に症状が悪化しやすく、身体が痒くなってしまいます。毎年梅雨が近づくと憂鬱な気分になる人も少なくありません。梅雨の時期にアトピーの症状ができるだけ悪化しないようにするには、症状が悪化する原因を理解しておく必要があります。アトピーの改善ならこちら。

梅雨の時期は、夏が近いこともあり気温がどんどん高くなって行きます。ちょうど梅雨くらいの時期からエアコンを使い始める人も多いでしょう。そして、梅雨の時期は降水量も増えます。そのため、湿度も高い状態が続き、高温多湿でカビが繁殖しやすくなるのです。

エアコンのフィルターには、ゴミやカビの胞子が溜まっていることが多く、これが原因でアトピーの症状を悪化させることも多いです。汗で濡れている皮膚にカビの胞子が付着すると、そこから細菌や雑菌が繁殖して炎症を起こし痒くなってしまいます。

カビの他にダニもアトピーの悪化を招く原因の1つです。ダニは湿度が高い場所で発生しやすいため、梅雨の時期にはダニが増えることになります。布団やソファなどには、大量のダニが付着していることもあり、アトピーを悪化させないためにはダニ駆除が必須です。

特に布団は長時間肌が触れるものであるため、晴れている日に干したり布団乾燥機等を使うなどして清潔にしておきましょう。汗が染みついていると、そこからダニが繁殖しやすくなります。

また、梅雨で雨が降っている時期には、低気圧に覆われていることが多いです。気圧が低くなるとヒスタミンという物質が増えることが知られていて、そのヒスタミンの影響により、痒みを引き起こします。アレルゲンに対しても過敏になってしまうのです。そのため梅雨の時期には、汗をかくと肌が炎症を起こしてしまうことがよくあります。

Copyright © 梅雨にアトピーは悪化する?. All rights reserved.